光脱毛は痛くない。

光脱毛のケースでは脱毛クリニックのレーザーを使った脱毛と異なり、強さレベルの調整ができない分、効果が低いと言われています。

 

ですが、お肌がデリケートな方や痛みに耐えることができない方は光脱毛向きでしょう。むだ毛の脱毛方法の中でも、ニードル法は永久脱毛効果が特に高い脱毛法といえるでしょう。現在は一部の脱毛サロンもしくは医療機関である脱毛クリニックでしか行われていない脱毛法です。

 

痛みが強いために、人気はレーザー脱毛に劣りますが、効果が高いので、あえてこの方法での施術を選ぶ人も増えているということです。

 

光脱毛の施術をしてもらった後に冷たいジェルなどで、肌をクールダウンしてはくれますが、当日は少しばかりの赤みがみられる場合があります。特に夏に光脱毛を受けた場合は赤みが出る場合が多いように思うのです。

 

そういう時は自分で冷たいおしぼりでクールダウンしたりして赤みを防ぐ対策をしています。エステや脱毛サロンで有名な光脱毛は妊娠している人が受けてもリスクはないのでしょうか?通常は妊娠中は光脱毛を受けるのは不可能となっています。

 

妊娠している時は、ホルモンのバランスが崩れているため、肌のトラブルが起こりやすくなったり、脱毛効果があまり得ることができないことがあるからです。

 

 

▼30代が選ぶ評価の高い脱毛サロンはこちら▼

光脱毛は痛くない。