医療脱毛とその特徴

医療脱毛の方法は、大別すると「医療レーザー脱毛・光脱毛・レーザー+高周波脱毛」の3種類があります。それぞれの脱毛方法とその特徴について紹介します。

 

[医療脱毛1.医療レーザー脱毛]
  • 医療レーザー(ルビーレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザー など)を照射して、毛根や毛細胞を破壊する脱毛方法です。
  • 専門医による治療で安全、痛みも少なく効果的な永久脱毛が可能です。
  • レーザーは成長している体毛のみに反応、効果を得るためには毛周期に合わせた治療が必要です。

 

[医療脱毛2.光脱毛]
  • 皮膚のメラニン色素に反応する光を照射して、光のエネルギーで毛根を破壊する脱毛方法です。
  • 痛みはレーザー脱毛より軽微、照射範囲が広いので局部脱毛には不向きですがレーザー脱毛より短い時間で治療が行えます。
  • 効果を得るためには、レーザー脱毛と同様に複数回治療が必要です。

 

[医療脱毛3.レーザー+高周波脱毛]
  • ダイオードレーザーに加え、高周波を使って毛根を破壊する脱毛方法です。
  • 多少痛みは伴いますが、高周波を組み合わせることで肌へのダメージを抑えメラニンの少ない毛も確実に処理できます。
  • 効果を得るためには、他の脱毛方法と同様に複数回治療が必要です。

 

治療費は、どの方法も大差ありません。いずれの方法で治療するかは、脱毛する部位・毛の状態・肌の状態・体質・体調 などで決まります。治療前には、医師の診察を受けて肌状態を診てもらうことと、体質や体調について医師にしっかり伝えることが大切です。

 

 

▼30代が選ぶ評価の高い脱毛サロンはこちら▼

医療脱毛とその特徴